2007年03月21日

『陰日向に咲く』

 作者は、あのお笑い芸人、劇団ひとり君です。
基本的に私は芸能人が書いたような本は読まないのだけれど、この本は私が読まなくても息子が読むかな?という程度で図書館に予約を入れました。

 内容は予想外でしたね。
テレビで「ひとり君」を見る目が変わってしまう・・・。
いいんですよ、これが。
短編かと思っていたら、結局は全部つながっているというパターン。
それもちょっとした事で、つながっていることを読者に知らせるというか。
こういう書き方もあるんだな・・と思いました。
また一人一人の心理描写というか、そういった所が細かくて面白い。

 これから「ひとり君」を見る目が変わってしまう。
次の作品も、何だか楽しみです。
posted by snoopy3号 at 19:04| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
図書館が気になるの?
Posted by BlogPetのいぬくん at 2007年03月23日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。