2007年01月13日

『赤い指』

 新しい年が始まって、会議やら新年会、そしてPTA。
またまた忙しい日々を送っていますが、借りた本はちゃんと読んでいますよ。
この間、道立図書館で借りてきた『赤い指』。
作者は、私の大好きな東野圭吾さん。

 読みかけのものがあったので、それを読んでしまってから・・・と思ったのですが、もしも期限までに読みきれなかったら・・・という不安から、3冊借りたうち、一番最初に読み出しました。
さすが東野圭吾さん。
もう、どんどん読めちゃうんですよ。
正味3日かな?
あっという間に読み終わってしまいました。

 内容は、これから読む方のために詳しくは書きませんが、この内容はかなり現代に即していて、案外こういうことってあるかもね?という感じ。
老人問題や、親子の関係とか。
かなり鋭い所をついています。
私はこれを読んで、子供を持つ親としてのあり方とか、娘としての母に対するあり方とか、いろいろ考えてしまいましたね。
シリーズ物ではないけれど、この物語には知っている人は知っている?加賀刑事が出てくるんですよ。
さすが加賀刑事!見事な結末でしたよ。
やっぱり、私は東野圭吾さんは好きだなぁ・・・。
posted by snoopy3号 at 22:14| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「赤い指」は手許にあります。
今は同じく東野圭吾の「使命と魂のリミット」を読んでいます。
次の次に「赤い指」を読みます。

東野圭吾はほんといい。
宮部みゆきがやや後退しているようなので
東野圭吾、一人勝ちの様相ですね。
Posted by ゴースト at 2007年01月14日 14:04
いぬちゃんが図書館で借りるの?
Posted by BlogPetのいぬちゃん at 2007年01月14日 15:04
 今日、本屋さんで『使命と魂のリミット』見つけました。
帰ってきて急いで予約を入れたら、情報図書館ではもう78人待ちでした。
道立図書館では3人待ち。
一人一ヶ月借りられるから、3ヵ月後?
だけど私のように3日で読んで、すぐに返す人もいるからね・・・。
『空中ブランコ』を読まなければならないので、買わないで帰ってきたけれど、やっぱり買えばよかったな・・。
Posted by とも子 at 2007年01月14日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。